就活面接では見た目でもアピールしよう

就職活動では、必ず面接を受けなければなりません。

就活面接では見た目でもアピールしよう

就活面接では見た目でもアピールしよう 就職活動では、必ず面接を受けなければなりません。そして、面接では見た目の印象が意外に大きなウェイトを占めます。面接では第一印象が勝負を分けることが多いからです。入室したときに、面接官にこの人は見た目に難があると判断されると、不採用になってしまう可能性が高くなります。

具体的には、寝ぐせが付いていたりスーツがヨレヨレだったりすると、非常に不利になってしまいます。靴の擦り傷や汚れといった細かい部分にも気を遣うと良いです。また、日頃メガネをかけている人は、面接当日は仕事中にかけていても違和感のないものをかけて行きましょう。シンプルなフレームのものが無難で安心です。履歴書の写真も同じメガネで撮影しておくと良いでしょう。

次に態度についてです。笑顔でハキハキと話すのは当然のこと、面接官の話には相槌をしましょう。話の内容が伝わっていると感じさせることができるからです。また、受け答えは相手の目を見てすることも忘れてはいけません。会話の基本ですが、緊張からか忘れてしまい目が泳いでいることがあります。意識して面接官の方を見ることが大切です。面接はコミュニケーションの場ですから、これらのような会話の基本術がとても大切になります。
Copyright (C)2019就活面接では見た目でもアピールしよう.All rights reserved.